たのおか旅行ノート

旅行をいろんな切り口で書くブログです。

宮城県・女川で朝っぱらから海鮮丼! 立ちはだかる試練 衝撃の結末

スポンサーリンク

宮城県・女川町(おながわちょう)は太平洋に面した港町。リアス式海岸が作り出す女川湾は天然の好漁場で、女川漁港は全国有数の港となっています。

今回女川に立ち寄った理由はズバリ海鮮丼を食べること。なんと港の間近で朝食営業をしているお店があると聞いてやってきました。贅沢にも朝っぱらから海の幸を堪能しようという算段です。

ところがそんな私に大きな試練が立ちはだかるのでした。

果たして海鮮丼は食べられたのか?

それではどうぞご覧ください。

※2019年3月に行った"北海道&東日本パスで行く東北鉄道旅行"2日目①の記事になります。

仙台から女川へ 始発でアクセス

本日のスタート地点は宮城県の中心都市・仙台。

女川へ行くにはまずJR仙石線で石巻へ向かいます。女川でちょうどよく朝食営業に間に合わせるために始発で出発。

f:id:tano_oka2:20190505152432j:plain

途中、日本三景・松島の最寄り駅、松島海岸駅を通過。海に浮かぶ島々をチラと眺めることができました。

石巻ではJR石巻線に乗り換え、さらに列車に揺られます。

石巻市は宮城県で第2位の人口を誇る大きな都市。女川と同じく港町としても知られます。観光スポットも豊富ですが今回は時間の都合上立ち寄りませんでした。

石巻市の中心を流れるのは旧北上川。この写真がそうだったかどうかは申し訳ないですが定かではありません。

f:id:tano_oka2:20190505160435j:plain

ご覧のとおり天候がイマイチ。ゴキゲンな旅に暗雲が立ち込めます…。

 

新しくなった女川駅と女川温泉ゆぽっぽ

仙台駅からは約2時間、女川駅に到着しました。現在時刻は07:25。朝食にはちょうど良い時間です。

まずは2015年にリニューアルした女川駅の駅舎をご覧ください。

f:id:tano_oka2:20190505155812j:plain

木目を基調にしたモダンなデザインです。新しさを感じさせながらもケバケバしくなく、良い塩梅。写真から伝わるか微妙なところですが、ウミネコが羽ばたく姿をイメージした白い屋根が特徴です。

女川は2011年の東日本大震災にて大きな被害を受けた地ですが、活気を取り戻そうと頑張っている最中であるのが伝わります。

左にはyupo'poの文字。こちらはなんと駅の二階にある温泉施設なのです。

onagawa-yupoppo.com

まだ営業時間前のため利用はしませんでした。

 

オシャレな駅前広場 シーパルピア女川

駅を出てすぐに目の前に見えてくるのがシーパルピア女川です。

onagawa-mirai.jp

レンガを敷き詰めた道の両脇には、特産の魚介類を使った料理が食べられるお店や、特産物のお土産類が買えるお店等が立ち並んでいます。

写真がありませんのでリンク先をご参照くださいね。

 

女川港・市場食堂への道 衝撃の結末

さてさて、なんとなくお察し頂けてるかもしれませんが、かなり天候が悪化してまいりました。風がビュンビュン吹き荒れ、雨が顔面にガンガン打ち付けます。スマホを構えるのも困難で、そのために写真が少なめになっております。立ちはだかる試練。

登山用のレインウェアを上下着込んで完全武装。目指すのは女川港内にある食堂、女川市場食堂です。

www.onagawa.org

営業時間は午前6:30~9:00、午前11:00~午後2:30。この朝イチの時間を狙って、ここまでやってきた訳です。

駅からは徒歩20分弱。7時半くらいに歩き始めましたので8時前には着くはず、だったのですが…!

嵐の吹き荒れる中頑張って歩き、そして何とか地図のお店付近にたどり着いたのですが…お店はどこだ??

案内板はあるのですがお店らしき建物が見当たりません。あっちへ行ったりこっちへ行ったりして懸命に探しました。

しばらくして、全身ぐっしょりと濡れてしまった頃、ようやくお店が見つかりました。

見つからなかった理由はその見た目。市場内の事務所風のビルの中に入っており、パッと見た感じは食堂があるようには見えなかったんですね。もっと観光地風の見た目を想像して探していたため、なかなか見つからなかったのでした。

観光客相手だけでなく事務所にお勤めの方が利用することも多いのかもしれませんね。

やっとの思いでたどり着いたのが8時過ぎ。満を持してお店に入ろうとしたところ…、なんとお店前のメニューには「ラストオーダー8時」の文字が!

朝の営業が朝9時までだったので油断しました。ここまで来て食べられないなんて…。途中迷わなければ間に合ったと思うとなおさら残念。

しかし恨みを抱くのはお門違い。再度訪れるチャンスをもらったとポジティブに捉えなおしましょう。 素早い切り替え大事!

 

無念の女川出発

相変わらずの嵐の中、女川駅前まで引き返してきました。

さきほど紹介したように駅前にも食事ができるところが揃っているのですが、現在時刻は午前8時過ぎ。軒並み開店前です。

そこで本来であれば海鮮丼を食べたあともう少し周囲を散策し温泉にも入れたらいいな思っていましたが、予定を変更し女川を去ることを決断しました。

外を散策するには天気が悪すぎるのと、海鮮丼を食べられなかったことでいっそのこと再訪するという機運が高まったことが理由です。空腹も辛くなってきたことですし。

ちょうど出発するところだった列車にぎりぎりで乗り込み、来た道を戻ります。

本当のことを言えばもう少し留まるか、次の目的地を目指すか、かなり迷っていたのですが結果的にはオーライの判断でした。その理由は次回。

 

女川で朝っぱらから海鮮丼チャレンジ:まとめ

今回は女川で朝食に海鮮丼を頂くというブルジョワチャレンジをしてみましたが、嵐にやられて失敗に終わりました。 残念。

しかし新しくなった駅舎や駅前の様子を見られ、再訪しようという気持ちになれたのは収穫だったと思います。

今度は是非天気の良い昼間に訪れ、女川を満喫したいと思いました。

正直今回の記事では女川の良さを十分お伝えできていないと思いますが、いいところですよ!

 

今回はここまで。次回お楽しみに!

 

<前回の記事はこちら:"北海道&東日本パスで行く東北鉄道旅行"1日目③>

www.tano-oka-trip.com

 <次回記事:"北海道&東日本パスで行く東北鉄道旅行"2日目②>

www.tano-oka-trip.com


プライバシーポリシー ABOUT お問い合わせ