たのおか旅行ノート

旅行をいろんな切り口で書くブログです。

みちのく潮風トレイル 八戸市ルート【冬バージョン】雪化粧の浜を歩く

青森県・八戸エリアには、海岸沿いを気持ちよく歩けるトレイルコース、「みちのく潮風トレイル」が整備されています。

蕪島や種差海岸など見どころが豊富で、青森観光の選択肢として是非覚えておきたいスポットです。

今回訪れたのは3月。この時期の東北はまだまだ寒かったのですが、一方で暖かいシーズンには見ることのできない景色を楽しむことができました。

初夏や初秋の過ごしやすい時期に訪れて楽しむのもちろん良いですが、今回ご紹介するみちのく潮風トレイル 冬バージョンもなかなかのものですよ。

それではどうぞご覧ください。

※2019年3月に行った「北海道&東日本パスで行く東北鉄道旅行」3日目①の記事になります。 

みちのく潮風トレイル 八戸市ルートについて

「みちのく潮風トレイル」は、青森県から福島県にかけて、太平洋沿岸を歩くロングトレイルコースです。 リアス式海岸をはじめとする様々な地形や景観を楽しめるのが魅力。

今回歩くのは「みちのく潮風トレイル」の一番北、青森県八戸市のエリアです。蕪島や種差海岸といった景勝地が点在する絶景の宝庫です!

f:id:tano_oka2:20190512111920j:plain

 

みちのく潮風トレイル 八戸市コースの見どころ

今回歩いたコースの中で特に印象的だったスポットをピックアップしてご紹介します!

 

蕪島:ウミネコがめちゃくちゃいる

最初のスポットは蕪島(かぶじま)。最寄りの鮫駅からは徒歩15分弱です。

奥に見えるのが蕪島と蕪島神社。蕪島神社は2019年3月当時は補修工事中で立ち入れませんでした。

f:id:tano_oka2:20190512111215j:plain

 

この蕪島、ウミネコの繁殖地として有名なのです。

f:id:tano_oka2:20190512111505j:plain

 

砂浜にいるのも、空に点々として見えるのも、全部ウミネコです。本気で多いです。襲われたらたぶん負けます。

f:id:tano_oka2:20190512111938j:plain

f:id:tano_oka2:20190512112003j:plain

 

葦毛崎展望台:砕ける波が大迫力

蕪島からさらに歩くこと約30分葦毛崎展望台(あしげざきてんぼうだい)に到着です。

f:id:tano_oka2:20190512112252j:plain

 

要塞のようなビジュアルがかっこいい。「ゼルダの伝説風のタクト」を彷彿とさせる感じではないですか? 出っ張った場所にあるので360度見渡せます。

f:id:tano_oka2:20190512112313j:plain

 

並みが砕けて真っ白

f:id:tano_oka2:20190512112406j:plain

 

大須賀海岸:果てしなく広がる砂浜

お次は大須賀海岸(おおすかかいがん)。葦毛崎展望台から歩くことさらに約15分です。

どこまでもどこまでも続く砂浜。端から端まで歩くと約1時間かかりました。

f:id:tano_oka2:20190512112556j:plain

f:id:tano_oka2:20190512112645j:plain

f:id:tano_oka2:20190914163305j:plain

 

波打ち際を攻めて遊んでいたら波に追いつかれて濡れました。靴下まで行きました。みなさん気を付けましょうね!

 

淀の松原:松林と巨岩・奇岩の景色

大須賀海岸を渡り切り、約20分ほど歩くと次に現れるのは松林。淀の松原と呼ばれ、古来より景勝地として知られる場所です。

f:id:tano_oka2:20190512112710j:plain

 

奥に見えるのは白岩(しらいわ)。海鳥のフンで白くなってしまったんだそうです。

f:id:tano_oka2:20190512112729j:plain

f:id:tano_oka2:20190512112857j:plain

f:id:tano_oka2:20190512113029j:plain

f:id:tano_oka2:20190512113132j:plain

 

種差海岸:雪化粧もオツなもの

淀の松原から歩くこと約10分種差海岸に到着です。

種差海岸は広大な天然芝生地として知られるスポット。初夏などのシーズンは眼前に広がる緑が目を楽しませてくれます。

しかし今回のように冬の終わりに訪れるとまた別の良さが味わえます。

f:id:tano_oka2:20190512113343j:plain

f:id:tano_oka2:20190512113409j:plain

f:id:tano_oka2:20190512113423j:plain

 

みちのく潮風トレイル 八戸市ルート アクセス・コースタイム

それでは最後に今回歩いたコースのアクセス・コースタイムについてご説明しておきます。

スタート地点はJR八戸線鮫駅。八戸駅からは電車で約25分

鮫駅に到着するとその名の通り鮫オブジェがお出迎え。

f:id:tano_oka2:20190512111002j:plain

 

そしてゴールは同じくJR八戸線大久喜駅です。

f:id:tano_oka2:20190512120519j:plain

 

所要時間は約5時間でした。

途中、今回紹介したスポットはすべて回ることができますし、食事や休憩ができる施設もありますよ。

八戸線は本数が少ないので事前に良く確認しておかれるのがおすすめです!

 

みちのく潮風トレイル 八戸コース まとめ

「みちのく潮風トレイル 八戸市ルート」でした。神社、大量のウミネコ、広大な砂浜・芝生地、奇岩・巨岩の風景、美しい松原など一本のコースで様々な体験ができるコースです。

今回お送りした「冬バージョン」も普段は見られない雪化粧の景色を見ることができ、捨てがたい魅力がありました。冷たいピリッとした空気の中で歩くのも格別です。

厳冬の時期以外は十分楽しめるかと思いますので、青森を観光される際には是非覚えておかれると良いと思います。

 

今回はここまで。お読みいただきありがとうございました。

ではまた次回!

 

前回記事:"2019年 北海道&東日本パスで行く東北鉄道旅行"2日目④

www.tano-oka-trip.com

<次回記事:しばらくお待ちください!>

プライバシーポリシー ABOUT お問い合わせ