たのおか旅行ノート

旅行をいろんな切り口で書くブログです。

青森「柿源」さん! 途中下車してご当地グルメ【再訪したいお店】

青森県・青森駅までやってまいりました。

今回は青森駅近くの食事処、「柿源」さんにてご当地グルメである「三色丼」と「じゃっぱ汁」をいただきました!

ふらりと立ち寄ったお店でしたが、お店の方が気さくで青森の名物に関しても色々と教えていただいたりと、楽しい時間を過ごせました。

今回食べたもの以外にも気になるメニューが多数。再訪したいお店です。

「青春18きっぷ」や「北海道&東日本パス」などを利用して東北・青森を廻られる際のご参考になればと思います。

それではどうぞご覧ください!

※2019年3月に行った「北海道&東日本パスで行く東北鉄道旅行」3日目③の記事になります。

 

青森駅から近い食事処「柿源」さん

良さそうなお店ないかな~とふらりと立ち寄ったお店がここ、「柿源」さん。

ホタテ料理が専門のお店で、バリエーション豊かなメニューが揃っています。

 

「柿源」さんで三色丼とじゃっぱ汁を食べてみました

早速注文。まずは「三色丼」を頼んでみました。

生ウニ、イクラ、ホタテの海鮮丼です。お昼に卵とじのウニ丼を食べましたが、やっぱり生のものを食べてみたかったのです。

結局のところ、ウニ自体は3月はやはりまだシーズンではないのか、100%のおいしさではなかったのかなと思います。旬って大事ですね。

一方でイクラとホタテはかなりの上物。お店のおばちゃんに教えてもらいました。

イクラは皮が薄くフツフツと砕けるような舌ざわり。ホタテも新鮮さを感じます。

ところで生のホタテって正直あんまり味が無いような…? 火を通した方がより美味しいのかも。再訪していろいろなホタテ料理を試してみたくなりました。

sansyokudon

 

続いて「じゃっぱ汁」を注文。青森の地場の味です。

「じゃっぱ」とは「雑把」、あまりものの食材を指す言葉のようです。

タラのアラを煮て作る汁料理で、塩味と味噌味のタイプがあると、またまたお店のおばちゃんに教えていただきました。

このお店で出しているのは塩味のタイプ。ごまかしが効かないので出汁の良し悪しがはっきり出るのだそう。すっきりあっさりとして、しかし魚の旨みがしっかりと効いており美味でした。

jappa-jiru

 

他に、同じく青森地場の味、「けの汁」もメニューにありました。細かく刻んだ野菜を昆布出汁で煮込んだ汁物のようです。

こちらも再訪して食べてみたいですね。

 

青森「柿源」さんへのアクセス

「柿源」さんへは青森駅から徒歩5分。途中下車の際にも利用しやすいお店ですよ!

 

青森「柿源」さん 青森駅で途中下車の際におすすめ 

以上、「柿源」さんのご紹介でした。

今回食べたメニューはどちらもクオリティ高く、特に「じゃっぱ汁」の上品な味わいには感心しました。ウニはベストシーズンにまた!

また「柿源」さんはホタテ料理専門店とあって、ホタテ料理のメニューが豊富。今回食べられなかった「けの汁」も気になるので是非再訪してみたいと思います。

青森駅から近いので途中下車の際には是非覚えておかれると良いかと思います!

 

今回はここまで。お読みいただきありがとうございました。

それではまた次回!

 

<前回記事:「北海道&東日本パスで行く東北鉄道旅行」3日目②>

www.tano-oka-trip.com

<次回記事:「北海道&東日本パスで行く東北鉄道旅行」4日目①>

しばらくお待ちください!

プライバシーポリシー ABOUT お問い合わせ