たのおか旅行ノート

旅行をいろんな切り口で書くブログです。

会津若松駅近くでランチ 名物・ソースカツ丼を地元のお店で食べて正解!

旅先でその地の名物を食べる、とうのは旅行の大きな醍醐味の一つですよね。

ところが観光客向けのお店というのは混雑するし少々割高のことが多いです。

それならばと地元の方向けのお店へ…でも入る勇気がなかなか出ない、そんなこともしばしば。

今回の記事ではその勇気を出して、会津名物・ソースカツ丼を地元のお店で食べてみました。

会津若松を訪れた際には、是非ご参考にされてください。

それではどうぞご覧ください。

※2019年3月に行った"北海道&東日本パスで行く東北鉄道旅行"1日目②の記事になります。 

会津名物”ソースかつ丼”を食べよう!

カツ丼というと通常は醤油やみりんで甘辛く煮たカツを卵でとじてご飯に乗せた丼です。

しかし会津のカツ丼は異なります。丼に盛ったご飯の上に千切りのキャベツを乗せ、その上には甘辛いソースをたっぷりとしみ込ませた豚カツを乗せたものが会津のカツ丼。

一般的にはソースカツ丼として知られています。

ちなみに同じくソースカツ丼が名物の福井県でも食べたことがありますが、こちらは千切りのキャベツはなく、ソースの染みた豚カツだけが乗っています。シンプル。

 

地元民向けのお店・若松食堂さんへのアクセス

今回訪れた若松食堂さんは、会津若松駅から七日町に歩いて向かう途中にあります。

観光の拠点となる会津若松駅と観光スポットである七日町の間にあり、立ち寄りやすいのも魅力です。

 

若松食堂さんでソースカツ丼を実食

それでは実食です!

f:id:tano_oka2:20190505111007j:plain

ご覧の通り丼に盛られたキャベツもカツも、なかなかのボリュームです。

お吸い物とおしんこもついており、これもうれしいところ。

味は…とても美味しかったです。もっと他にないのか? という感じですが、美味しくてぺろりと平らげてしまったことだけは覚えています。

値段は880円とリーズナブル。これは大満足でした。

 

地元の店特有の雰囲気がこの上なく好き

お昼を少し過ぎたときに訪れたのですが、店内には昼下がり特有の、気だるいぼんやりとした時間が流れていました。

お店の方は基本的に(私の対応をしているとき以外は)地元の方らしいお客さんと世間話にふけっておられました。

テレビには確か春の高校野球が映されていたと思います。棚にはちょっと古めの漫画雑誌が並んでいます。

全く悪く言うつもりではありません。むしろ良い。流行店ではあり得ないこの雰囲気とその良さが伝わりますでしょうか…? 共感していただけたら幸いです。

店内はちょっと古ぼけた感じですが、きちんと清潔で、とっても居心地が良かったです。

 

まとめ

若宮食堂さんをご紹介いたしました。いかがだったでしょうか?

もしこのお店のことが好きになれそうであれば、会津若松を訪れた際には勇気を出して入ってみるお店リストに是非加えて頂きたいと思います。

ソースカツ丼、美味しかったですよ。

今回はここまで。次回、お楽しみに!

<前回の記事はこちら:"北海道&東日本パスで行く東北鉄道旅行"1日目①>

www.tano-oka-trip.com

<次回の記事はこちら:"北海道&東日本パスで行く東北鉄道旅行"1日目③>

www.tano-oka-trip.com

プライバシーポリシー ABOUT お問い合わせ