たのおか旅行ノート

「旅行記」を中心に、「おすすめスポット」や「行く前に知っておきたい予備知識」についてまとめています。

【新潟・吉田】弥彦山へ登る! -2019.03 北海道&東日本パスで行く東北鉄道旅行 7日目(最終日)

スポンサーリンク

こんにちは、たのおかです!

2019年3月に行った「北海道&東日本パスで行く東北鉄道旅行」についてまとめていきたいと思います。
7日目、ついに最終日。
本旅行ラストの県は新潟県! 東北ではないんですが、なかなか来る機会もないでしょうし。
今回はおそらく地元の人に親しまれているであろう、弥彦山に登ります。

それではどうぞご覧ください。

弥彦山とは?

弥彦山新潟県日本海沿いにある山です。本当に海の近くに面しており、地図上では見るからに眺めがよさそうです。
標高は634m。高山ではありませんがその山容は美しく、名山とされています。

また、弥彦山は霊峰としての側面を持っています。つまり、ご神体。
麓には弥彦神社、山頂には弥彦神社奥宮があります。

参考:弥彦山 - Wikipedia

 

越後線に乗車し、移動します。
吉田駅で弥彦線に乗り換え。
電光掲示板にはこんなドット絵が。

f:id:tano_oka2:20190622103837j:plain

 

 

窓からは弥彦神社の大鳥居が見えます。でかい。

f:id:tano_oka2:20190622110218j:plain

 

弥彦駅に到着! まずは弥彦神社

弥彦駅に到着しました。
駅舎はこんな感じ。神社っぽくなっています。

f:id:tano_oka2:20190622110222j:plain

 

弥彦山佐渡弥彦米山国定公園に指定されています。

f:id:tano_oka2:20190622110506j:plain

 

弥彦神社へ向かう道にはこのようなお店がちらほらと。
参拝客でにぎわうのでしょうね。

f:id:tano_oka2:20190622110516j:plain

 

眼前には弥彦山がそびえます。
左が弥彦山、右が多宝山でしょうか。

f:id:tano_oka2:20190622110519j:plain

 

鳥居までたどり着きました。
これが一の鳥居…のつもりでしたが、もしかしたら横っちょの鳥居かもしれません。
弥彦神社延喜式名神大社
また越後一宮でもあります。

f:id:tano_oka2:20190622110534j:plain

鳥居

 

神聖な雰囲気を漂わせています。

f:id:tano_oka2:20190622110716j:plain
f:id:tano_oka2:20190622110718j:plain

 

神門とその奥には拝殿。

f:id:tano_oka2:20190622110739j:plain

 

弥彦神社のご祭神である伊夜日子大神(いやひこのおおかみ)はその名を天香山命(あめのかごやまのみこと)または高倉下命(たかくらじのみこと)と呼ぶそうです。

天香山命が、紀伊国熊野神邑に御住まいの頃、御東征途上の神武天皇を始め皇軍将士は、熊野荒坂津にて敵の毒気により昏睡に陥りました。この危機を救うべく、天照大御神武甕槌命天香山命に韴靈剣(ふつのみたまのみつるぎ)を神武天皇に献ずるよう夢の中で告げられました。韴靈剣とはかつて武甕槌命が国土平定に用いられた威力ある霊剣です。夢告に従い天香山命が昏睡している神武天皇に韴靈剣を献じたところ、霊剣の威力によって神武天皇を始め皇軍将士は忽ち昏睡から覚醒し、敵を撃破されました。天香山命の韴靈剣献上の大功により危機を乗り越えた皇軍は、その後次々と蛮賊を平定し、大和国に入られた神武天皇は、橿原宮で初代天皇として即位されました。
引用:御祭神|歴史・由緒|越後一宮 彌彦神社

要するに、弥彦神社には神武天皇の東征を、霊剣を献ずることで手助けした神様が祀られているということですね。

ちなみに参拝の作法は通常「二拝二拍一拝」ですが、弥彦神社では「二拝四拍一拝」とするそうです。

 

登山開始!

参拝も済んだところで登ってゆきます。まず最初は杉の林が続きます。
ロープウェイ…もありますが今回は自力で登りますよ!

f:id:tano_oka2:20190622113219j:plain
f:id:tano_oka2:20190622113222j:plain

 

f:id:tano_oka2:20190622113742j:plain

f:id:tano_oka2:20190622113822j:plain

お知らせ

 

だいぶ登ってきました。

f:id:tano_oka2:20190622113841j:plain

 

途中、大きな鳥居が。山頂には弥彦神社奥宮があります。

f:id:tano_oka2:20190622113911j:plain

登山道途中の鳥居

勾配はほぼ登り切り、尾根に出ました!
日本海が広がり、その先には佐渡島が見えます! …晴れてれば。
ご覧の通り真っ白です。雪も降っています。
さすが、日本海側の気候は厳しいですね~。一筋縄ではいきません。

f:id:tano_oka2:20190622114008j:plain

景色が見られずに残念ですが、気を取り直して山頂を目指します。

山頂に到達!
奥宮にもお参りしてきました。

f:id:tano_oka2:20190622114314j:plain

山頂!

〆は燕三条ラーメン!

無事下山しました。お昼も過ぎていたので腹ペコです。
弥彦線燕三条駅まで移動して、ラーメンを食べます!

f:id:tano_oka2:20190622114529j:plain

 

太麺にしっかりとした醤油味のスープ、そして表面に振りかけられた背脂が特徴です。
シンプルな味ながら、脂のインパクトがあり、玉ねぎの粗みじん切りが高相性でした。

 

全行程終了! まとめ

これにてすべての予定が終了しました。

引き続き北海道&東日本パスを利用して信越本線上越線を経由すれば安く東京まで帰ることができるのですが、さすがにくたびれたので新幹線を利用することにしました。新潟県って南北に長いようで、案外厚み(?)もあるんですよね。
当初は越後湯沢まで行って温泉にでも入ろうかと思ったのですが、存外移動に時間が掛かるのと、土曜日だったため混んでいそうだなと予想し、今回は敬遠しました。

新幹線に乗ればあっという間でした。7日間の旅もなんだかあっけなく終わってしまった印象もあります。
ともかく、最後まで致命的なトラブルにも見舞われず、あちこちいろんな場所を見られたので良かったと思います。なにより、遠いイメージだった東北と新潟エリアに親しみを感じられるようになったのが一番の収穫かと思います。
また訪問したい場所もたくさんあります。旅行って実は2度目もかなり楽しみなんですよね。
またいつかチャンスを作ってきたいと思いました。

また、この今回の旅行はこのブログを始めるきっかけにもなりました。
内容が薄かったり、結構破れかぶれな内容だったかもしれませんが、なんとか完走できて良かったです。少なからぬ人に読んでいただけて、励みにもなりました。

 

それではこの辺で。
ご覧いただきありがとうございました!

 

前回記事はこちら

tano-oka2.hatenablog.com

本シリーズ最初の記事はこちら

tano-oka2.hatenablog.com

プライバシーポリシー ABOUT お問い合わせ