たのおか旅行ノート

「旅行記」を中心に、「おすすめスポット」や「行く前に知っておきたい予備知識」についてまとめています。

【垂水~舞子~明石】いつの間にか明石市へ? 街角ノスタルジー -2019.06 瀬戸内海沿いウォーク③

スポンサーリンク

こんにちは。

2019年6月、瀬戸内海沿いを歩いてみたのでまとめていきます!

今回は日帰り旅行の旅。
引き続き垂水公園から西向きに歩きます。
いつの間にか明石市に入っていました。
道中のスナップが中心です。

それではどうぞご覧ください。

 

暮れなずむ街を行く

街もだんだんと夕の色に染まり始めました。
海辺の街角はノスタルジックな表情を見せてくれます。
それでも日の長い季節なので、まだまだ歩きます。

f:id:tano_oka2:20190604080953j:plain

f:id:tano_oka2:20190604080957j:plain

f:id:tano_oka2:20190604081057j:plain

 

舞子六神社へ

舞子六神社へやってきました。

f:id:tano_oka2:20190604081120j:plain

 

手水鉢には花が。

f:id:tano_oka2:20190604081123j:plain

f:id:tano_oka2:20190604081125j:plain

 

なんとこの神社、ブログを運営されています。
令和元年、新しくなった御朱印の紹介記事をご紹介します。

rokujinjya.jp

すごくかっこよくておしゃれですね…!
今度参拝した時にはぜひ頂きたいものです。

振り向けば鳥居の外に海の景色が広がります。

f:id:tano_oka2:20190604081136j:plain

 

いつの間にか…明石市に入りました

手前から2艘目、金毘羅丸です。
四国から来たのでしょうか…。

f:id:tano_oka2:20190604081157j:plain

 

自分のいる橋と対比したつもり。

f:id:tano_oka2:20190604081327j:plain

 

フォントが何とも言えない感じ。
これはうろこ雲? このあとは雨でしょうか…?

f:id:tano_oka2:20190604081334j:plain

 

海沿いを歩いているのと同時に、線路沿いを歩いていることにもなります。
踏切がいい味を出してると思います。
手前が山陽電車、奥がJRの複々線です。
様々な車両がつぎつぎに走り抜けていく飽きの来ない風景です。

f:id:tano_oka2:20190604202947j:plain

 

こんなタイルアート? が。
まずはタコ。

f:id:tano_oka2:20190604203006j:plain

 

鯛も明石の名物ですよね。

f:id:tano_oka2:20190604203009j:plain

 

ついに明石市に入りました。

f:id:tano_oka2:20190604203029j:plain

 

大蔵海岸をぶらり

大蔵海岸の西の端にたどり着きました。

ただようバーベキューの香り。
めいめい楽しんでおられるようです。
夏の盛りの時期とは一味違う、しっとりとした雰囲気を感じます。

f:id:tano_oka2:20190604203039j:plain

 

今回、初砂浜だったり。

f:id:tano_oka2:20190604203054j:plain

 

こちらはスイカ割りで負けた者を刺すやつです。

f:id:tano_oka2:20190604203133j:plain

冗談です。

マンホールも明石市仕様。

f:id:tano_oka2:20190604203138j:plain

f:id:tano_oka2:20190604203212j:plain

f:id:tano_oka2:20190604203214j:plain

f:id:tano_oka2:20190604203216j:plain

 

ハマヒルガオ、でしょうか?
可憐な姿ですね。

f:id:tano_oka2:20190604203315j:plain

以上、道中レポートでした。

旅は続きます。

次回記事はこちら。

tano-oka2.hatenablog.com

前回記事はこちら。

tano-oka2.hatenablog.com

プライバシーポリシー ABOUT お問い合わせ