たのおか旅行ノート

旅行をいろんな切り口で書くブログです。

【垂水~舞子~明石】そういえば世界一! 明石海峡大橋 -2019.06 瀬戸内海沿いウォーク②

こんにちは、たのおかです。

2019年6月、瀬戸内海沿いを歩いてみたのでまとめていきます!

今回は日帰り旅行の旅。
引き続き兵庫県神戸市垂水区、舞子公園と明石海峡大橋を満喫します。

それではどうぞご覧ください。

そういえば世界一! 明石海峡大橋

ですよね。
明石海峡大橋は世界一長い吊り橋です。
全長3911m、中央支間(=ケーブルで釣ってある部分)1991mだそうです。
兵庫県神戸市垂水区東舞子町と淡路市岩屋を結んでいます。
本州側は明石市ではないんですね。
甲子園球場は大阪ではなく兵庫県西宮市にある、と同じ匂いを感じます(?)。

それはさておきこの姿!
美しいですよね。

f:id:tano_oka2:20190603215119j:plain

 

ちなみにここまで前回訪れた五色塚古墳から徒歩20分程度だったかな?
今日はよく歩く日です。

 

舞子公園へ到着

舞子公園は白砂青松の美しい舞子浜に整備された公園です。

これは「旧武藤山治邸(きゅうむとうさんじてい)」
公園内にはこのように味わいのある邸宅が点在しています。 

f:id:tano_oka2:20190603220504j:plain

 

孫文記念館(移情閣)を訪問

この建物は移情閣といって大正時代に神戸の貿易商が建てた別荘だそうです。
国指定重要有形文化財に登録されており、内部は孫中山記念館として一般公開されています。
孫文孫中山三民主義を唱えた中国の政治家ですが、日本とりわけ神戸と縁が深いのだそうです。

f:id:tano_oka2:20190603220354j:plain

f:id:tano_oka2:20190603220511j:plain

f:id:tano_oka2:20190603220515j:plain

f:id:tano_oka2:20190603220347j:plain

 

舞子海上プロムナードへ

明石海峡大橋の上(中?)をちょっとだけ歩けるようになっています。

橋の内部へ侵入。
頭の上を車が通っています。
ちょっと揺れます。怖い。

f:id:tano_oka2:20190603220408j:plain

 

さきほど訪れた移情閣が見えます。

f:id:tano_oka2:20190603220411j:plain

f:id:tano_oka2:20190603220418j:plain

f:id:tano_oka2:20190603220423j:plain

 

床がアクリル板(?)張りになっている部分。

f:id:tano_oka2:20190603220426j:plain

 

日が暮れてきましたね。

f:id:tano_oka2:20190603220429j:plain

 

とてもおいしい明石焼き

舞子海上プロムナード内部には展望喫茶が併設されています。
小腹が空いたので明石焼きを頼んでみました。

明石焼きをご存じない?
明石焼きは言ってみれば、たこ焼きをソースでなく出汁につけて食べるもの、というのが一番伝わりやすいかと思います。

通常は出汁は別の小皿に入っていてそこにつけて食べるのですが、ここのはすでに浸かってました。

f:id:tano_oka2:20190603220433j:plain

 

とてもおいしいです。

さきほどはたこ焼きと似た食べ物であるように説明しましたが、味の方向性は大きく異なります。
やはりたこ焼きはソースメインのジャンクな食べ物という色合いが強いような気がしますが、明石焼きの味付けは非常に上品。

今回訪れた印象として、明石の街は歴史深く品のある街のように感じられたのですが、明石焼きという食べ物にもそれが表れている気がしました。
(飛躍してますよね。)

しかも、ここはまだ神戸でした。

さらにフォローしておくとたこ焼きも好きです。

f:id:tano_oka2:20190603220452j:plain

 

旅は続きます。

次回記事はこちら。

tano-oka2.hatenablog.com

前回記事はこちら。

tano-oka2.hatenablog.com

 

プライバシーポリシー ABOUT お問い合わせ