たのおか旅行ノート

旅行をいろんな切り口で書くブログです。

【田沢湖~角館】みちのくの小京都を訪問! -2019.03 北海道&東日本パスで行く東北鉄道旅行 5日目②

スポンサーリンク

こんにちは、たのおかです!

2019年3月に行った「北海道&東日本パスで行く東北鉄道旅行」についてまとめていきたいと思います。
今回は大雪の乳頭温泉郷を脱出、みちのくの小京都・角館を訪問します!

それではどうぞご覧ください。

 

秋田新幹線で角館へ!

大雪の乳頭温泉からなんとか無事脱出。
次に向かうのは角館です。
実をいうと本来の予定では乳頭温泉郷周辺のトレッキングを楽しみながら温泉をはしごして、そのあとは田沢湖に行く予定でした。
が、大雪のためその予定を断念。
もともとは時間の都合でスルーするつもりだった角館を訪問することにしました。
結果的にかなり充実した時間を過ごせました!

田沢湖から角館までは秋田新幹線を利用します。
むろん、北海道&東日本パスでは新幹線には乗れないのですが、普通列車の本数も少ないため、時間効率を考えるとリーズナブルな選択だと思います。
たった一駅の乗車ですが、快適な乗り心地に癒されました。

f:id:tano_oka2:20190524223943j:plain

 

お昼ごはん お得なサービスランチ@「しちべえ」さん 

角館に到着。
お昼ごはんは「しちべぇ」さんで頂きました。

sichibei.com

 

平日のお昼限定のサービスセット。
いや、これがですね、大変おいしかった。
期待以上でした。
旅先ではやはりその土地の名物を食べたくなるような気もするのですが、大雪の中を歩いて疲れた心と体にはこういった食事が染み渡ります。
やっぱりご飯とおかずと汁が揃ってるのっていいですよね。
私はそう思います。
いぶりがっこも美味。
ご飯もお替りできて満腹です。

f:id:tano_oka2:20190524224435j:plain

 

みちのくの小京都、角館ってどんな場所?

簡単にですが、角館の説明をしておきたいと思います。

角館の今に続く町並みをつくったのは芦名(あしな)氏で、江戸時代のはじめ1620年(元和6年)のことでした。その後は佐竹北家の城下町として栄えました。
引用:角館の魅力 | かくのだて観光Navi

「重要歴史的建造物群保存地区」(武家町)にも登録されています。

さて、あまり写真が残っていませんが、ざっくりとご紹介いたします。

当時の区画や建物が残っています。

f:id:tano_oka2:20190524225903j:plain
f:id:tano_oka2:20190524230007j:plain
f:id:tano_oka2:20190524230010j:plain

 

左の写真は雪対策?

f:id:tano_oka2:20190524230014j:plain
f:id:tano_oka2:20190524230125j:plain

 

これは「桝形」! お城などでも頻出するやつです。
道を折り曲げることで見通しを悪くして敵に攻められにくくする工夫です。
さすが武家屋敷町です。

f:id:tano_oka2:20190524230305j:plain

 

武家屋敷「青柳家」へ潜入!

いくつか武家屋敷の中も公開されており、見学することができます。
これは「青柳家」の中かな?

f:id:tano_oka2:20190524230451j:plain

 

柳家ではこの人物、小野田直武の展示がされていました。
武家に生まれながら、その絵画の才能を見出され、平賀源内から洋画を学び、解体新書のあの挿絵を担当した人物です。
非常に興味深く拝見しました。

f:id:tano_oka2:20190524230832j:plain

 

パネルにて生い立ちから詳しく解説されています。

f:id:tano_oka2:20190524231412j:plain

f:id:tano_oka2:20190524231504j:plain

 

その他にもレコードなどのコレクション、昔使われていた農具、庭などを見学することができます。
もりだくさんです。

f:id:tano_oka2:20190524231609j:plain
f:id:tano_oka2:20190524231623j:plain
f:id:tano_oka2:20190524231633j:plain

 

「青柳家」の場所はここになります。

 

「安藤醸造」さんの蔵を見学

「安藤醸造」さんは享保、つまり江戸時代から角館にあって味噌や醤油を醸造してきた老舗です。
もちろんそのような製品も販売されていますが、今回はかつて収納蔵として使われていたという文庫蔵を見学させていただきました。

f:id:tano_oka2:20190524231803j:plain

 

たまたま、ひな人形を飾っておられる時期でした。
これはかなり立派。
近頃はあまり見なくなりましたよね、たぶん。

f:id:tano_oka2:20190524231915j:plain

f:id:tano_oka2:20190524231920j:plain

 

ふすま自体も芸術品です。

f:id:tano_oka2:20190524231925j:plain

 

「安藤醸造本店」の場所はここ。


角館まとめ

予定変更で急遽訪れた角館でしたが、予想外に見どころが多く、予想以上に魅力的な場所でした。
おかげで充実した時間を過ごすことができました。
再訪したい場所がまた増えました!

旅は続きます。

 

次回記事はこちら。

tano-oka2.hatenablog.com

前回記事はこちら。

tano-oka2.hatenablog.com

プライバシーポリシー ABOUT お問い合わせ